屋根工事の実は・・・

住むなら丈夫な家がいい

住むなら丈夫な家がいい

瓦屋根の家は、丈夫な家

住むなら、丈夫な家がいい。
地震にも台風にも安心な家がいい。柱は太い方がいいし、壁だって多い方が安心。

重くても軽くても耐震性は同じ

建物は重さに応じて設計されています。
建築基準法では、「重い建物」も「軽い建物」も、それぞれの重さに応じて設計されるので、完成した家の耐震性は同じになります。

丈夫な家は余力がある

では、どちらの建物が「丈夫な家」でしようか。
答えは明らか、「重い建物」です。「重い建物」には柱や筋交い、壁が多く、地震の揺れに対して”余力”があるからです。

実証された瓦の家の耐震性

では、「重い建物」とはどんな家でしょうか。それは瓦屋根の家。
「丈夫な家」=「重い屋根の家」=「瓦屋根の家」なのです。実はこれは、建築基準法による分類です。「重い建物」「軽い建物」は屋根材によって判断されるので、重い屋根材をつかった建物は、その分しっかりと設計されるわけです。
しかも、部屋の間取りを決める自由度は、それほど変わりません。

軽い建物は安い分・・・

「軽い建物」は、確かに作りやすいし、建築費も多少は安く済みます。
しかしそれは、壁や柱を省略するのと同じこと。あなたはそういう家に住みたいですか?

東日本大震災の揺れに耐えた瓦屋根の家。津波でも壊滅的な被害を逃れています。東日本大震災では瓦屋根の多くの家が地震に耐え、瓦屋根の建物の耐震性が実証されました。

実証された瓦の家の耐震性

ここがポイント

  • 瓦屋根の家は、丈夫な家
  • 「丈夫な家」には“余力”がある
  • しかも間取りはあんまり変わらない

震度7にも耐える瓦の家

高速道路が崩れても、瓦屋根は残った

ビルが倒れ、高速道路も倒壊した阪神淡路大震災。
大きなマンションが崩壊しているすぐ側で、瓦屋根の家はほとんど被害を受けていません。

実験で証明された耐震性

これは特別な例ではありません。現在の住宅建築は、大震災クラスの地震にも倒壊しないよう設計されているのです。
瓦屋根も同じ。建築研究所の指導のもと筑波の研究施設で行われた実験でも、2階建ての瓦屋根は震度7の地震にたいしてもビクともしませんでした。

東日本大震災にも、瓦屋根は耐えた

大きな爪跡を残した東日本大震災。
古い瓦屋根にも被害がありましたが、もちろんそれ以上に多くの瓦屋根が大震災に耐えました。

軽い屋根も倒壊している

一方、大きな地震のたびに住宅被害は発生しています。
それは瓦屋根の家だけでなく、金属など軽い屋根の建物でも同じ。躯体の耐震性が不十分であれば、屋根の種類にかかわらず地震の被害は起きてしまいます。肝心なのは屋根の重さではないのです。

躯体が十分な耐震性をもっているか。地震への配慮はそれにつきると言えるでしょう。

金属の軽い屋根も倒壊

地震被害は瓦屋根の建物だけではない。軽い屋根の建物でも躯体の耐震性が不十分であればぺちゃんこに潰れてしまう。

ここがポイント

  • 瓦屋根は震度7にも、津波の衝撃にも耐える
  • 軽い屋根でも地震被害は起こる
  • 瓦屋根の耐震性は実験で証明済み

強さのヒミツは「ガイドライン工法」

強さのヒミツは「ガイドライン工法」

強さのヒミツは「ガイドライン工法」

ガイドライン工法の一例

従来の工法

瓦屋根が耐風にも地震にも強いヒミツは「ガイドライン工法」

かつては粘土で葺き固めていた瓦を、ガイドライン工法では釘や銅線、金具類を使って躯体と緊結します。

このガイドラインは平成13年に業界の基準として策定されました。確認されている耐震性能は、地震の影響を受けやすい「棟部」の場合で1G(980ガル)です。上写真は東日本大震災の屋根被害です。左側はガイドライン工法と思われる棟部。強い地震力で変形してしまいましたが、崩れることはありませんでした。右は古い建物の棟部です。土の固着力が失われています。図は、左側がガイドライン工法の施工図の例です。

ガイドラインは試験方法を定めているので、その試験に合格した工法であれば所定の性能が満たされており、様々なガイドライン工法があります。図右側の緊結材が入っていない工法の場合、早めの点検をおすすめします。

地震による建物倒壊の原因は?

地震による建物倒壊の原因は?

左図は、木造住宅の倒壊原因を模式的に表したものです。
専門家は以下のように指摘しています。

専門家も「瓦は倒壊要因でない」

「木造建物のおもな倒壊要因は壁量不足。昭和56年の建築基準法改正以前の建物で多く見られます。
逆に、改正以降に建てられた建物では、屋根の重さにかかわらず被害はとても少ないのです。
こうした建物は耐震性能は劣化しますが、古い建物は瓦屋根の場合が多いので、建物の耐震性に比べて重量過大になってしまうケースもあります」。

つまり、古い基準で作られた建物は壁量が不足しており、経年により接合不良や白アリ被害も重なって耐震性が劣化します。同時に古い建物ほど瓦屋根が多いので、瓦屋根の建物の被害が目立つ、という指摘です。

”町全滅”はテレビの中のこと

石川県

新潟県

能登半島地震や中越沖地震など近年の大きな地震被害で、各自治体が行った住宅の被害率調査を見てみると、被害が最も多かった地域でも、「全壊」「半壊」を合わせた被害はほんの数パーセントです。

今回の東日本大震災でも、地震による「全壊」 「半壊」は「地震の規模の割に少なかった」と日本建築学会が発表しています。

ここがポイント

  • 実際の地震被害は一部の建物
  • 被災地の被害率は想像より低い
  • おもな倒壊原因、古い家の「壁量不足」